« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

今日は授業参観でした

今日は小学校の授業参観に行ってきました。女房が田舎の行事の「新人待ち」に(生まれてくる新しい命を待つ祝い)行ったから代わりに僕が行きました。

その他に親子大玉リレーもあったの~♪ でも、僕は足が悪いから不参加でビデオ撮りをしてました(^^;) 

Bitmap2Bitmap4Bitmap3Bitmap7Bitmap6

Bitmap0_2

| | コメント (2)

2007年9月29日 (土)

それが 「愛だ」 - 出光 -

ブログも、この辺りでCMを入れて休憩です(笑) 実はビデオ録画した中にあった懐かしいCMで、面白かったので♪

5

| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

施設の子と運動会ε-(´o`;A アチィ

たまたま、公園の傍を通って中を覗いたら大勢の人が何かしている。気になってクルマを停めて様子を伺っていると近くの養護施設の運動会だとわかった。僕が見ていると、一人の職員が近づいてきた。知り合いだったんだけどね~(^^;) その場は大変だね~と言って別れたが、この暑さで大変だろうとスーパーへ行ってジュースを2箱買ってきて差し入れを♪

すると、見て行ってくださいと別の人たちも。あんまり言うので見ていたら、外の公園の暑いの何の~´´(;´ρ`A)アチィ・・・ 貰ったジュース500も一気飲み(笑)

そうこうしているうちに、仮装レースでウェディング・ドレスを着ることになった養護施設の子のお母さんのエスコート役を頼まれた( ̄□||||!!

Dvc00004予定外!! 公園内をエスコートして一周。スゲ~恥ずかしいし照れくさいよ~(((((((((((`▽´;)さささ  ..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!

でも、施設の子供たちは純粋でとてもいい子。世の中の大人は、こういう心を何処へ捨てて大人になってしまったんだー!!

この子供たちは日本の宝だね♪

Photo_9 begin - 島人ぬ宝

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

大西順子トリオ - 登場 -

子供たちを、何度も連れて行った巨大公園の「ひたち海浜公園」 ディズニー・ランド何個分あるんだろ~? 16個分だっけ?

ここで毎年、日本最大のジャズ・フェスティバルが開催されていた。でも、稲刈り時期だったから、近いのに観に行けなかったよ~。

大西順子トリオ。左手が強烈で、ぼくはチト苦手かもだけど~、ドラマー(江藤良人)は、若手№1だから楽しめるぞ~♪ ただし、17分近くの演奏です(^^;)

Jpg 大西順子トリオ

| | コメント (0)

2007年9月26日 (水)

トップガン

ふと茶の間のテレビの方向から、映画トップガンの主題歌の重厚な音が聞こえた。現実には一瞬似た音がしただけの年寄りの空耳だったみたいなんだけど~、無性に聴きたくなってしまった(笑)

15 ベルリン - 愛は吐息のように

でも、下の動画の雰囲気もまたSEXYでいいんだよ♪ でも、音量が良けりゃ画像が悪いだし、画像良けりゃ音量低すぎで聞こえないから自分で作り直したのにアップに失敗して、データがサイトにあるから再アップはダメ(。>0<。)ビェェン

で、また作成しなおしUPました(^^;)

Tpgn ジェシカ・シンプソン - 愛は吐息のように

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火)

花火-そして祝福を・・

どうやら動画UPが詰まっていたようで、自分でUP途中のファイル6つを削除して再アップしたら、すんなりと(^^;) 今度からは、バッチリだね~ 

では、お祝いに花火で祝福を(笑)

落葉

聖なる場所へ祝福を

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

相変わらずだけど 〔木住野佳子〕

相変わらず上手くアップが出来ないけど、下のはアップ出来た。出来るときと出来ないときがある。他にもアップ出来たのは交換してはあるけど、何ででしょうね~?

とりあえず質問メールをしてみたけど、英語なんだよな~。 返事来たとしても わからんぞ(^^;)

Photo 木住野 佳子 (Jazz Concert)

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

上手くいかない・・マイケルでも見るか

どうも、動画のアップが上手くいかない。途中からファイルが行かなくなる時あって同じものを再度アップも拒否されるし、参ったな~。いまも三つが途中のまま。何故だろ?

しょうがない、また懐かしいマイケル・ジャクソンでも見とくか。

Photo_3 Beat It 今夜はビート・イット

Photo_2 Thriller スリラー

BILLIE JEAN ビリー・ジーン(高画質)

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

今夜はボニーM Boney-M

むかし、昔のその昔ディスコなるものが流行っていた。ディスコ映画やDisco Musicも巷に溢れていた。

そんな中、これも懐かしいDisco Musicと思うけど、どれがいいかな~

僕は最後のサニーが一番思い出深い・・  あ~、どれもいい~♪

ボニーM

Daddy Cool


:

3rd マ・ベーカー

6th 怪僧ラスプーチン - Rasputin


5th

バビロンの河

2nd サニー

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

吉田拓郎

既に吉田拓郎は記事を書き終わっているんだけど、前にも言ったとおり「Yu・Tb」-ようつべにUPしたので、撤退をしたいので こちらに。まずは二つを(^^;

吉田拓郎・中島みゆき - 永遠の嘘をついてくれ

*

Photo 吉田拓郎 - 外は白い雪の夜

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

疲れた~ 〔山中千尋でも♪〕

今日は朝から病院だったんたけど、何しろ遠いし朝7時に自宅をクルマで出発

眼科と内科を受診するんだけど、眼科の予約時間は8時30分で終了したのは10時。内科の予約時間が4時30分。眼科終わってから何すりゃいいの~

雑誌は2冊読み終わるし飲み物も何本も飲むし、首は痛くなるし~、マジ疲れた~

今夜は、ゆっくり寝よう。Jazzを聴いてから(笑)

Twilight 山中千尋トリオ (Twilight Stage)

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

恥ずかしいけど、ここが・・(2)

高中正義から、現在のJazzへと聴くものが変貌してきたと昨日の日記で書いたわけですが、その高中正義の同時期に松岡直也も聴きカセットで音楽を流して①       海岸線をドライブって感じでしたね~♪ もちろん、ミ・アモーレ② もアイドルとあわせて流行りましたよね♪ 好きなアルバムは「午後の水平線」ですが♪

たくさんのアーチストがもてはやされシャカタク等も人気でしたが、そんな中で、気がついたことがあります。このアコースティックな「村松 健」の曲③ が とりわけ好きだと感じていたのは、多少4ビートJazzが好きになる兆候だったのかも(^.^)

  ①九月の風~通り過ぎた夏 - 松岡直也 -

  ②ミ・アモーレ - 松岡直也 -

  ③出会いと別れ - 村松 健 -

そして、F1ブームも日本列島を包み込みSQUAREやカシオペアも大人気でした♪

では、その2グループの競演模様をヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

サイズは変更してみてくださいね~

Photo_4 TRUTH & ASAYAKE

| | コメント (2)

2007年9月18日 (火)

恥ずかしいけど、ここが・・・。

自分で、歌を聴かなくなって久しいわけだけど、多分その原因というか元というか、恥ずかしいけど、この曲が原因でJazzを聴くようになる原点があるのだと思う。ここが原点(^▽^;)

当時、高中正義と松岡直也グループが人気で松岡直也にいたってはアイドル歌手の・・名前忘れたけど、えーっと、「赤い鳥逃げた」で、「ミ・アモーレ」の歌詞を変えたロングバージョンで、そちらを持っています。松岡直也と高中正義はアルバムも、かなりの数!!

Jazz Fusionに、ここから入り音質がアコースティックじゃないから、ドラムの突き刺すようなライブでのふっ飛んでくる音が聴きたくて、4ビートJazzに。

そして、高中正義も何度かコンサートに足を運びましたね~♪ そして、ヤマハの注文生産のギター(注文はアコースティックはLシリーズでしたが、電気は?)もカッコよかった♪

ということで、ここが私のJazz原点の音楽です。でも、このアルバム貸したの戻ってこない( p_q)エ-ン

14 高中正義 / blue lagoon

| | コメント (9)

2007年9月17日 (月)

疲れには Evening Jazz

3連休の疲れは、Jazz piano trio で癒してください♪

Photo_7 山中千尋 トリオ - Sejo -

| | コメント (0)

3連休が終わった

3連休だったけど、海外から戻ってきた人、国内旅行やショッピングを楽しんでいた人も明日からは仕事ですね。

僕は、どこにも出かけずに家の中で引きこもり生活です(^。^;) 動画をいじってましたけど目が疲れて頭痛が激しいから、今日は、何もありませ~ん。

でも、いろんなとこに容量アップした動画を入れときました。これで、お茶を濁しときましょ!

12 BoA - Do The Motion

| | コメント (4)

2007年9月16日 (日)

熱帯魚水槽ろ過装置を掃除

数週間前に、水槽用クーラーに繋がっているろ過装置を掃除したんだけど、もう一方も一年くらい掃除をしていなかったので頑張って掃除しました。

1 2

いろんなホースや電源を取り外してクルマのガレージ内にある流し台に重いけど。

中のフィルターは、茶色のドロドロがついてる。汚ねぇ

フィルターは捨てて、ろ過材を水洗い。

3 4 新しいフィルターを千切りながら過材の上に敷き詰めます。メーカー純正はぴったりの大きさのフィルターですが価格も高いし、こちらのほうが現実にはいいみたい。熱帯魚店で教わりました~♪

そして、ヘッドに付いているモーター付近の部品も外して掃除。

5 6

水の出も良好 

あまりの綺麗な水槽にうっとりするよう腕に注射をするわけではありません。

水槽のガラスと砂利の間にコケと汚れがあるので木酢液を注射針で隙間に注入。綺麗になりますよ

それと、昨日は頼んでいたコシヒカリ6俵が届きました。でも、まだ1俵残っているんだよな~。

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

秋の風が・・

まだまだ残暑も感じる日々が続いてるけど、夕方になると「秋かな」と感じる涼しい風も部屋に入り込んでくるようになってきました。

こんな、秋から冬にかけて懐かしいな~と思うグループ。あなたは何を思い浮かべますか?

古いのは、いつものことだけど僕はこれかな~♪3

そして、どの唄も良い曲ばかりでしたが、みんな何が好きでしたか?

1 2_2 

| | コメント (4)

2007年9月13日 (木)

掲示板を付けてみたけど

今日から、掲示板というものを付けてみました。でも、気に入ったのを登録できなかったから適当なものを(^。^;)

使い方も良くわかりましぇ~ん。。。 今日は、ここまで~(笑)

さて、JAZZでも聴きましょ~♪

Photo_6 山中千尋トリオ

In A Sentimental Mood

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

HONDA MUSIC

ホンダ・ミュージック。それは、ホンダがF1に走る実験室と称しヨーロッパのレースに挑んだ(1960年代)とき、他社のエンジン音とはまったく異なるホンダ独特の高周波サウンドの素晴らしいエンジン音から、ヨーロッパの人々が言い始めた官能的ともいえるレーシング・サウンド←(当時の音は聴けないが雰囲気だけ)を形容した言葉です。

1965 Mexico GP

そして、ホンダの市販車には車名としてバラード・クインテット・プレリュード等の音楽用語を冠した車種が並んでいました。

そして、プレリュードのCMに使われた音楽も良かったですよね~♪

BOLERO-RAVEL

1984 Honda prelude  BOLERO

| | コメント (0)

2007年9月11日 (火)

JAZZは知らない

JAZZ。子供が小さいから最近はCDも購入していないし、聴く時間も無い でも、JAZZを聴くのは大好き

もともとJAZZって難解で、デタラメの演奏だろうとか、楽器をやり始めたばかりのヤツらがテクニックを見せびらかしているだけの聴衆無視の世界だろうとかって思ってました~ 聴いたCDとかが悪かったんでしょ~。自分の好みじゃなかったわけね、きっと。

でも、ふと立ち寄ったところに並んでいたCD 1 を良くわからずに購入したら、凄く良くって、他のアーチストもいいのかな~って購入してもダメでした~

結局、理解できないままピアノ・トリオでスィング・ジャーナル誌での評価を参考に購入すればと気がつくまで、無謀なほどつまらないCDを購入してしまいました~

結局、JAZZってなんなのか、いまだに理解していません

これから- Wikipedia -で、勉強でもしよう(笑)

邦人アーチストの木住野佳子。静か過ぎたかも


みなさんも、CD購入してみてね~(^ー^)ノ

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

世界中の願いが叶った♪

鈴鹿サーキット1588259 それは日本のレースファン そして世界中のHONDAファンの聖地である

このサーキットで20年もの間、F1グランプリが開催されセナ・マンセル・プロストと伝説的ドライバーを日本人に楽しませてくれた。

そして、セナが初チャンピオンとなる瞬間の感動をくれた。

セナ vs プロスト 1988 日本GP

それが今年から開催されなくなりショックが大きかったが素晴らしいニュースが飛び込んできた

それも、各社一斉に報じる大ニュースである。

鈴鹿サーキット、隔年だが2009年から復活決定

Photo_4 TRUTH and ASAYAKE

SQUARE - TRUTH

| | コメント (1)

『癌』よ、撲滅してくれ

      

先日の日記で、『』に侵され若くして亡くなった人の記事を書いたわけですが、夕べ、おふくろから「従兄弟のお母さんは憶えているか?」と聞かれた。

どうやら、僕が生まれる前くらいに亡くなったようで『』で亡くなったのだそうだ。

ぼくが生まれる以前の話である。50年位前になるのでしょう。その人は、嫁いで来て子供も生まれて間もない頃なのだが、田舎だから親戚(僕の家)の家の稲刈りなどに出させられ、僕の家に来たときは顔色も凄く悪いのに田んぼを手伝ったそうである。

「具合が悪いから手伝いにいけない」などと嫁いだ家に言えるような、そんな時代ではない。無理をしてでもやらなくてはいけない。しかし、それも我慢を超え病院で『』と言われいったん手術するが再発。また手術となるが癌が転移し何度か手術を繰り返したようだ。

現在のような医学ではない。毎日、見舞いに行く夫は、「痛いよ、痛いよ」と、あまりにも酷く苦しむ妻の状況を 家に戻っては他の家族に伝えていたということである。せめて、痛みと苦しみは取り除いてあげたかったでしょう。

手術で身体を切り刻められ痛みが増すあまりの苦しみに、手術度に本人は医師に、「お願いだから、もう手術は止めてください」と懇願したそうである。当時の医療では痛み止めも良いものも無く、手術するたびに痛みも酷くなる一方だった。

ただ、痛みと苦しみだけを患者に与え続け、子供にすら会うことも出来ずに死んでいった無念。そんな人のことを考えると、この『』という病気になった何の罪もない方々の事を思うと、早く撲滅してと願うばかりである。

| | コメント (3)

2007年9月 8日 (土)

気になるんだよな~

自分でアップした、ある動画を見た後に、いつも同じ動画が表示される。なんか綺麗な女の人だからなんだけど~

            (ジジイだな)

って訳でもなくて、結構、歌の雰囲気が好みでいいんだけど流行っていたの知らないの~ この歌って流行っていたんですか?

T'en va pas - ELSA LUNGHINI

で、 これも同じ曲 (子供です)

T'en va pas - Prissou

それと、今日は台風の影響で利根川の水が汚いらしく朝から水道は断水状態です。

うちは、外に井戸水の蛇口も設けてあるけどトイレと飲料水にしか使えないから、今夜はには入れません

| | コメント (4)

2007年9月 7日 (金)

台風の後は「AOR」Musicで♪

この間の日記で、ビリー・ジョエルを取り上げましたがアップし忘れているミュージシャンを今回は取り上げました~

 同じくAORの曲で、AORは(Adult Oriented Rock)の略とされてましたが、本当はAlbum Oriented Rockのことなんだそうです 
「AOR」は主に70年代後半から使われた言葉で、その頃のシングルチャートはディスコものが席巻していたのに対し、その頃アルバムチャートで強かったアーティストたちを、そういう括りで呼んだようです。
結果的に大人向きのロック(という言い方が適当かどうかは別として)のような、すなわち、バラードやミドル・テンポの耳ざわりのいい曲が多かったので、どこかで間違ったか、それとも意図的にそうしたのか、日本では「アルバム」が「アダルト」に置き換えられてしまっていました。

それでは、有名どこを

boz scaggs - we're all alone...

Christopher Cross - Arthurs Theme

Christopher Cross - All Right

Christopher Cross - Sailing

| | コメント (4)

2007年9月 6日 (木)

ワンダー・シビックが№1(各種ホンダのCM)

歴代のホンダ車の中で、僕が一番素晴らしいと思ったデザインのクルマは、ワンダー・シビックです

そして、世界基準のクルマに相応しい名曲(ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールド)にのりシビックが登場したときは、まさにワンダフルと言いたくなっちゃうようなデザインでしたね~3

では、そのCMに使用した(音源)名曲を歌う、そのままの映像です。

Photo この素晴らしき世界

   - ルイ・アームストロング

ホンダの各種CM 最高♪

| | コメント (4)

2007年9月 5日 (水)

パソコン初期状態

昨夜、デフラグ・ツールの最新バージョンにアップグレードしようとしたらエラーになってしまい削除もできないし、なんか他に不具合があるといけないからパソコンをリカバリーしておいた初期常態にしました~。

で、ミクシィ仲間の日記からのバトン。ただのバトンじゃなくって 心温まる話なのでここに書き込みますね~

ムコ多糖症

皆さんへ

《ムコ多糖症》って病気を知ってますか?

この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。

しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていない(日本では300人位発病) つまり社会的認知度が低い為に今厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けてもっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、発祥すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。

8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で湘南乃風の若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。

それで思いついたのがこのバトンという方法です。

5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に必死に頭をさげてたりしています。
この子達を救う為に私達ができる事は、この病気を多くの社会人に知ってもらって早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。

みなさん協力お願いします。

[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。

尊い命。『余命一ヶ月の花嫁』で、命の尊さを再認識したばかりhttp://hiro-chiba.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/mixi_a6d7.html

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

格闘技、誰が強いんだ!!

街頭テレビから始まったプロレス人気(知らないけど)だが、力道山・ジャイアント馬場と続く大衆プロレスから、アントニオ猪木が最強の証明のため、“熊殺し”の空手家ウイリー・ウイリアムスとの対戦、そしてボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され異種格闘技の種を蒔いたが、その後も大衆プロレスは続いていった。

しかし、UWFの出現により従来のプロレスが否定され総合格闘技という言葉により最強は誰だ。最強の格闘技はなんだと それは、ここから始まったのである

前田日明vs佐山聡

格闘技道場 UWF

UWF 対 新日本

世界最強?

やはりコイツ桜庭 和志か?

1999年から2000年にかけて、ホイラー(PRIDE.8)、ホイス(PRIDE GRANDPRIX 2000)、ヘンゾ(PRIDE.10)、ハイアン(PRIDE.12)と4連勝したいわゆる“グレイシー狩り”は、日本国内のみならず格闘技の盛んな国の多数のファンに衝撃を与え、「グレイシー・ハンター」の異名を取った。ただ勝利するだけでなくファンを喜ばせるために戦うという、華麗なファイトスタイルでファンを魅了し、高く評価された。

いや、吉田 秀彦か?

2002年8月28日、Dynamite!でプロデビュー。ホイス・グレイシーと対戦し、袖車絞めでレフェリーストップ勝ちを収めるも、ホイス陣営はレフェリーの判定に抗議。
2002年11月24日、PRIDEデビューとなるPRIDE.23でドン・フライと対戦し、アームバーで一本勝ち。
2002年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2002で佐竹雅昭の引退試合の相手を務め、フロントチョークで一本勝ち。
2006年7月1日、PRIDE無差別級グランプリ2006の準々決勝でミルコ・クロコップと対戦し、生涯初のTKO負けを喫した。

| | コメント (8)

2007年9月 2日 (日)

全部だきしめて

こんばんは~

今夜も、自分で吉田拓郎を観賞するために おやすみなさ~い

      ちなみに非公開にしておいた、拓郎3曲(別日記の中)を解放しました

吉田拓郎 / 全部だきしめて

吉田拓郎 / ルームライト

吉田拓郎 / 言葉

| | コメント (2)

2007年9月 1日 (土)

この素敵な女性も、mixi仲間だった

この素敵な女性も、mixi仲間だった。天国でも頑張ってね。

『余命一ヶ月の花嫁』として、感動を与えてくれてありがとう。

Photo_27
Photo Photo_2 2 3 4
5_4

彼女の好きな 安室奈美恵  

| | コメント (2)

2007年の僕へ

君に捧ぐ NHOP Trio-Kenny 

2007年の僕へ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は67歳で、つまり西暦2027年に、ちょっとした怪我が元で生涯を終えます。今にして思えば、たくさんの人に支えられた充実した素敵な人生でした。
ただひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2016年の冬のこと、僕はブラジルのサンパウロへ出かけることになります。振り返ってみると、それは人生の大きな分岐点でした。時がくればわかると思います。
最後にひと言、67年間生きてみて思ったのは「人生の無駄遣いなんてない」ってこと。
それでは、またいつか会いましょう。
これから先の人生もチャレンジをおそれずに。

                      ヒロ - 2027年の天国にて

天国からのメッセージ
http://www.uremon.com/heaven/

こちらから選曲しました 「フレンズ・フォーエバー~ケニーよ永遠に」

1

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »