« 行ってきました(暖冬) | トップページ | CO2の供給を変更してみた »

2009年2月 6日 (金)

水草用-カリ補給液を自作

Dsc00414c いぜん水槽内の水草は育つどころか根は枯れがっかりです。
実は、それよりも困っているのが水槽内の大磯砂利に付く醜い黒い髭苔bearing

これ大量に増えます。以前からカリ不足と考えカリ投入ということで園芸用のハイポネックス開花用(リン6:カリ4)でカリを補給しているつもりでしたが、リンが余分で苔の原因にかなと思い、「ADAのブライティK」が欲しいと考えてたけど田舎だから熱帯魚店なんかないからな~と、諦めていました。

結局ネット購入と考え調べていると自分で作っている人もいるup 
じゃ~、貧乏な僕にはピッタリじゃんnote

硫酸カリと炭酸カリがあるらしいけど、どうも炭酸カリのほうがいいように解釈coldsweats01
で、炭酸カリ購入を決定。

3 ちょうどいい格安の商品がネット購入できそうなので、この店注文。すると、前払いじゃなく速達で送られてきて一週間以内にコンビニでお支払いくださいとの親切販売heart02

Dsc00411c 早速、100倍程度に希釈して使おうとビンに入れ小さなスプーンで計量をと思いましたが、いったいティー・スプーン一杯は何グラムなのでしょう?
とりあえず、3杯で6グラムは超えるくらいかな~と、そして、ボディー・ソープの空ボトル(600ml)に炭酸カリウムを入れ水を注ぎ朝夕に5プッシュ以上入れて2日間経過。

これで、綺麗な水草水槽になると期待してま~すhappy01

P.S  あれ? 600ml.には60グラムかも~。だとしたら薄過ぎsweat01
    調べますcoldsweats01 

こんな記事が、、、僕の濃度あっているよね?
    ↓
<《参照》>

結論として、10倍濃いものに落ち着きましたsweat01

|

« 行ってきました(暖冬) | トップページ | CO2の供給を変更してみた »

熱帯魚水槽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115728/27840995

この記事へのトラックバック一覧です: 水草用-カリ補給液を自作:

« 行ってきました(暖冬) | トップページ | CO2の供給を変更してみた »