総合格闘技 - プロレス -

2007年9月 4日 (火)

格闘技、誰が強いんだ!!

街頭テレビから始まったプロレス人気(知らないけど)だが、力道山・ジャイアント馬場と続く大衆プロレスから、アントニオ猪木が最強の証明のため、“熊殺し”の空手家ウイリー・ウイリアムスとの対戦、そしてボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され異種格闘技の種を蒔いたが、その後も大衆プロレスは続いていった。

しかし、UWFの出現により従来のプロレスが否定され総合格闘技という言葉により最強は誰だ。最強の格闘技はなんだと それは、ここから始まったのである

前田日明vs佐山聡

格闘技道場 UWF

UWF 対 新日本

世界最強?

やはりコイツ桜庭 和志か?

1999年から2000年にかけて、ホイラー(PRIDE.8)、ホイス(PRIDE GRANDPRIX 2000)、ヘンゾ(PRIDE.10)、ハイアン(PRIDE.12)と4連勝したいわゆる“グレイシー狩り”は、日本国内のみならず格闘技の盛んな国の多数のファンに衝撃を与え、「グレイシー・ハンター」の異名を取った。ただ勝利するだけでなくファンを喜ばせるために戦うという、華麗なファイトスタイルでファンを魅了し、高く評価された。

いや、吉田 秀彦か?

2002年8月28日、Dynamite!でプロデビュー。ホイス・グレイシーと対戦し、袖車絞めでレフェリーストップ勝ちを収めるも、ホイス陣営はレフェリーの判定に抗議。
2002年11月24日、PRIDEデビューとなるPRIDE.23でドン・フライと対戦し、アームバーで一本勝ち。
2002年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2002で佐竹雅昭の引退試合の相手を務め、フロントチョークで一本勝ち。
2006年7月1日、PRIDE無差別級グランプリ2006の準々決勝でミルコ・クロコップと対戦し、生涯初のTKO負けを喫した。

| | コメント (8)