♪ Classical Crossover 《Classic》

2008年9月 4日 (木)

ネット接続回復

先週、電気屋が来て防災無線の電波状態を確認に来たんだけど、その無線機の傍にあったモデムとブロードバンド・ルータの配線が綺麗に揃えてあってループ状だからと配線をいじって帰ったらしい。

でも、ぼくのルーター、騙しだまし使ってきて、ほんの少しのショックでネット接続が出来なくなるbearing
で、接続出来なくなって回復もしないので、手動で、それぞれのパソコンからネットに接続してたんだけど、ハブ機能はあるんだけど~、自動では繋がらないdespair

そして、夕べはウィルスの「トロイの木馬」も、久々にセキュリティー・ソフトが遮断したとsign03

やっぱ、ルーターがないと やばいから今日はブロードバンド・ルーターを新たに購入して取り付けましたsweat01
簡単に繋がったので、やっぱ、いままでのルーターは故障してたんですね~(笑)
接触不良とは思ってはいたけど~

2 Photo で、スピード・テストもしてみました。
隣の部屋で息子も接続してたんだけど、まぁ、こんなもんでしょ~

相変わらず、ADSLクラスの速度で遅いんですが、特に支障はないで~すnote

と、一応 負け惜しみbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

ステーキ祭 「('ヘ`;まいったな

今日は地元のレストランからrestaurantステーキ祭の招待状が届いたので子供たちを連れて夕方出掛けました。
招待状が届いたといっても、別に無料で招待されたわけじゃなく、単なるステーキ祭の「お知らせ」なんだけどね~sweat01

でも、店に行ってみたら既に駐車場は一杯!! 7人待ち状態で待合室も無いから外に停めてある送迎用バスの中で順番を呼ばれるまで待機wobbly
結局、呼ばれたのは1時間後。そして、ステーキが運ばれてきたのは30分後。

ちよっと、疲れました。今度はキャンセルすることに決めましたhappy02
店の名前は、タイム・○○

そして最近tvの卓球で流れるのは、タイム・トゥ・セイ・グッバイ

(Live盤)

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

タイム・トゥ・セイ・グッバイ

昨日は、サラ・ブライトマンの歌う「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を日記に挿入⇒参照したわけだけど~、オリジナルじゃないのでデュエットで歌われた曲のアップです♪

そして、ネット上での曲に対する説明(^^;)

「コン・テ・パルティロ」。 この曲は「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)」(1996年)としても知られている。

これはサラ・ブライトマンがアンドレア・ボチェッリにデュエットを申し出て歌われたバージョンで、イタリア語で歌われていた原曲の歌詞の一部とタイトルが英語に変更された。

この曲を収録したシングルが1,500万枚、アルバムを含めて2,500万枚という大ヒットになり、収録アルバム『タイム』が『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』に変更になった。

以後も楽曲の素晴らしさから多くのアーティストにより歌われている。

2 タイム・トゥ・セイ・グッバイ

  サラ・ブライトマン & A・ボチェッリ

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

クラシカル・クロスオーバー

土曜日は、息子が風邪を引いてしまい内科に出掛けました。

日曜日に一般参加の駅伝大会があって高校生も参加しなけりゃいけないというので、心配でしたので喉と咳と熱があるので一緒に。

待合室で診察を待っていると何処かで聞いた素敵な曲が♪

Sarah_brightman_osaka07_opening_ サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」という曲です。

以前にも、「アヴェ・マリア」《参照》 を日記の中に挿入しましたが、なんと言っても、クラシカル・クロスオーバーというジャンルを開拓した曲は、素晴らしく且つ素敵ですよね♪

昨年、流行った?「秋川雅史 - 千の風になって」も、この延長線にある曲と言えますが、次元の違う世界的大ヒット曲は耳にも心にも心地よいですね♪

ちなみに息子は駅伝で一般を3人抜くことが出来たらしいです(^-^)

化粧のしていないブライトマンは色白で綺麗なのに。。。

1 サラ・ブライトマン

  - タイム・トゥ・セイ・グッバイ

| | コメント (0)

2007年10月16日 (火)

寒い夜だから暖かく

夕べは息子にオークションを頼まれて落札。といっても、落札希望額で購入しただけだけどね~。

で、何を落札したのかといえば~、高校生にもなってカード・ゲームのカードです(^^;) いつ届くとうるさくてかなわない(笑) 相手がYahoo決済とか郵貯口座とか、変な口座ばかりで普通に銀行振り込みできなくて、明日、もう一度郵便局に行って手続きとるしかない。

しかし、すっかり寒くなったよ~。先月の今頃は暑くて残暑厳しいって感じてたのに、ここ一週間寒くてすっかり風邪を引いてしまったみたい( ((-。-) ))ブルブル...

今日も寒い夜(大げさ)になるだろうけど、暖かい一日を送ってる誕生日の人もいるみたい

誕生日(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!      そんな方にあわせ今日は落ち着いたクラシックをどうぞるんるん

 ((((((/_ _)/□ ツマラナイモノデスガド~ゾ

2 サラ・ブライトマン

   - Ave Maria(アヴェ・マリア)


アヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。

| | コメント (8)

2007年8月13日 (月)

お盆なので御先祖様を御迎え

夕方(6時過ぎ)、僕は娘二人と母と4人で近くの墓へ御先祖様をお迎えに行ってきました。我が家の墓は寺の中に2箇所あり両方の墓に線香をあげ御先祖様と帰宅。娘たちはお寺からの帰りに提灯に火を入れてもらって大喜びです。

そして娘から質問 「どうして御先祖様は帰ってきたら足を洗うの? どうして自分たちは手を洗うの?」と。

で、私「御先祖様は裸足で歩ってくるから足を洗うんだよ。昔は死んだ人をそのまま土に埋めていて、お墓の土は汚いから手を洗うんだよ」と。 正しいのだろうか?・・(^^;) 清めとは言わなかった。余計に質問が増えそうだから(笑)

ところで、うちの村は家の軒数もなく小さいのだけども、寺が7箇所もあります。昔、うちの村は、「七坊八橋13給」ということわざで呼ばれていました。意味は7人の坊さん(7つの寺)と8つの橋があり13箇所の旗本に納めていたみたいです。ここは幕府直轄地で、貧乏侍が住んでいて、それぞれにお寺を作ってしまったのかなと。お寺には鎌倉時代の古い梵鐘があり文化財なので戦時中も軍に没収されませんでした。Jpg

お盆にあう曲として、今日はこの曲を(^^;)

千の風になって - 秋川雅史

| | コメント (0)